明るいスタッフが笑顔でお出迎えします

明るい職員がアロハシャツで「笑顔と思いやり」をもって皆様をお出迎えします。
ここは幸せ笑顔が集まる場所です。

介護職員山口 崇(やまぐち たかし)

【自法人で働いている魅力】地域との関わりが深く“しらとり”というと地域の誰もが知ってくださっている事。また、一般の職員と幹部職員の距離が近く、自分の意見で施設を変えていける可能性が高い事が魅力だと思います。また、ユニットリーダー研修の実地研修施設として選定されていることで、ユニットケアの考え方の浸透、ケアの実践がなされているのが魅力だと思います。
【夢や目標】法人としては全国に名の知れた存在になる事。特養しらとりとしてはユニットケアの実施施設として、徹底した個別ケアが実践できること、入居される方全員がしらとりに来て良かったと思える施設にする事。職員も自分の老後はしらとりでと思ってもらえるような施設にすることが目標です。個人としては法人に関しても、ケアに対しても、どんな質問に関しても自分なりの考え方をしっかり持って、それを伝えられる職員になる事が目標です。


介護職員古田 龍之介(ふるた りゅうのすけ)

【自法人を選んだ理由】雰囲気が明るくて、職員さんも入居者様も笑っていて楽しそうだなぁと思えたからです。老人ホームなのに南国をイメージしているというところも新しくて、お祭りなどで地域との関わりも強いというところもすごいと思い選ばせていただきました。
【入居者様とのエピソード】入社して数日しか経ってない頃、排泄介助など、先輩に教わって頭では理解できたけど実際にやってみるとまだ慣れなくて不安でした。そんな時、ある入居者様が「古田君は真面目にやってるから大丈夫」と言って毎回励ましてくれました。それから僕を孫のようだと言っていつも応援してくれるので自信を持てるようになりました。その入居者様にはいつも感謝しています。


介護職員小松 啓太(こまつ けいた)

【自法人で働いている魅力】施設長をはじめ、課長やリーダー、先輩職員に面倒見がいい人が多いところです。色々、気にかけて頂き相談しやすく早く会社に慣れることができたので魅力に感じます。
【行事・イベントのエピソード】しらとりまつりというお祭りで初めて実行委員になり、色々準備など行い、無事に終わった時の達成感があります。入居者様やご来場の方の笑顔や嬉しそうな顔を見て「準備に携わってよかった」という気持ちになりました。
【行事・イベントのエピソード】1泊2日の職員研修があり、他施設の取り組みやユニット内の雰囲気を視察できます。その後、ホテルにて、グループ職員と話し合うや「施設の仕組み」「アンガーマネジメント」「メンター」などの研修も受講しました。懇親会もあり、温泉にも入れ、日頃の疲れも吹き飛ばすことができました。


介護職員大吉 真紀子(おおよし まきこ)

【福祉の仕事を志した理由】障害者雇用促進に伴い、聴覚障害・精神障害の方々と共に仕事をする機会に恵まれ、その中で相手の立場になって思いやりを持って接することを学び、少しでも社会のお役に立てるような介護職に就きたいという気持ちが芽生え福祉の仕事を志した。
【自法人で働いている魅力】外観も内装も明るく綺麗で南国のムード満載であり、明るく、ゆったりとした環境のもとで、入居者様の生涯を一緒に過ごすことが出来る事に喜びを感じ、入居者様も職員も笑顔がいっぱいみられることに魅力を感じつつ従事している。
【夢や目標】介護に関する様々な知識・資格を身に付け、社会のお役に立てるような介護職のプロを目指し、来年、介護福祉士、ケアマネージャーを目標として、持ち前の根性や責任感をいかして精進していきたい。


介護支援専門員渡辺 美恵(わたなべ みえ)

居宅介護支援事業所は、介護保険を利用する介護の必要な方やご家族のご要望を尊重し、心身の状態や家庭の状況を考慮して、適切なサービスが利用できるように支援する事業所です。
ご利用者とサービス事業者のパイプ役となり、連絡・調整や介護に関する様々なご相談に応じ、家族がどのようなことにお困りか、介護を要する方がどのような暮らしをされているか等を理解し、計画を立て、必要なサービスを受けられるようにサービス事業者へ手配するのがケアマネージャーの仕事です。
いざという時に頼れる存在となれるよう、常日頃心がけています。介護に関する心配事は是非しらとりにご相談ください。


生活相談員吉田 斉(よしだ ひとし)

特別養護老人ホームで生活相談員として従事させていただいています。「生活相談員って実際はどんな仕事をしている?」と思われる方もいるかもしれませんが、簡単に申しますと“施設の窓口”です。たとえば、当施設に入居をお申し込みに来られた方に対しての受付や説明、また地域にお住まいの方が相談に来られた際に安心してお帰りいただけるよう誠意を持ってお話させていただいております。さらには、病院等の他機関との連携なども行っています。
生活相談員として入居者様やご家族様から信頼していただけるように真摯な態度を心掛け、そして、地域の皆様に安心して施設をご利用していただけるよう今後も努めて行きます。